筆と音

絵を描きました。

着彩の続き




水彩 制作過程2



少し強めの色を置いて様子見したところ。
今回、バックは紙の白をそのまま活かすので、あまり鮮やかな色だと画面がギラギラしそう。
彩度を落とし気味に、アンティーク風な色調へ路線変更することに決める。
この後、紙のたるみでできる影がいよいよ我慢できなくなり、重い腰を上げて水張りをし直しスッキリ。




にほんブログ村 美術ブログ