筆と音

絵を描きました。

antique





antique




58.5 × 45.5cm   紙、透明水彩   2015・春




描きかけのまま寝かせたりして、完成まで手間取ってしまった。
気付けばずいぶんと盛り沢山の画面に。
今まで試したことのない描き方をしたり、師匠に一部モチーフを貸していただいたこともあり、思い出深い一枚になった。

ただ今、横浜のバー メロウクラブで小品展を開催中。(詳細はこちら
大きめの絵も持ってきていいよ、とマスターに言っていただいた。
お言葉に甘えて、今日は開店前に展示替えである。


「アンティーク」でJUJUの歌のタイトルを連想した。
作詞・作曲はMONGOL800の上江洌清作。
かすかな憂いを帯びたスローテンポの美しい曲と、MONGOL800のノリの良いバンドというイメージがかけ離れていて、思わずクレジットを二度見する。
異なる個性の組み合わせによる相乗効果が素晴らしい。




JUJU(2011) YOU





にほんブログ村 美術ブログ



6月





6月




18.2 × 13.8cm  ソフトグランド、エッチング  2015・夏




鉛筆画のモチーフにしたドライのアジサイで銅版画を制作。
カラーインクで刷ることを念頭に進めたが、結局黒一色に落ち着いた。
たくさんある黒の顔料の中から選んだのは、冷たい青みを帯びた黒。
花の静かなざわめきが紙の外へ伝わることを願って。


イメージとしては荒井由実の「雨の街を」あたり。
とても美しく、けれど歌いこなすのは猛烈に難しいであろう名曲。
歌詞やメロディーとの相性を考えると、アレンジはシンプルにピアノだけの方がよかったのではと思う。





荒井由実(1973) ひこうき雲





にほんブログ村 美術ブログ