筆と音

絵を描きました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










40 × 28cm  透明水彩、紙  2012・春  個人蔵





植物で一番苦労するパーツは茎。
単純なようでいて、よく見ると太さも明暗も微妙なバランスで成り立っている。

紙はモンバルを使用。
わざと表面を荒らしたりして、大胆に描くと面白い味が出る。





キャンソン モンバル水彩紙 ブロック(30×40cm) 300g/m2




にほんブログ村 美術ブログ




  

スポンサーサイト

nostalgia












59 × 44.5cm  透明水彩、紙  2012・秋





紙はアルシュの荒目を使用。
繊細な滲みが美しい紙。
初めて専用の水彩紙を試したときは、普通の画用紙とのあまりの違いに驚き、感激した。
道具が表現を生むこともあるのだと痛感した瞬間だった。





マルマン アルシュ 水彩紙 ブロック 46×61 F 荒目




にほんブログ村 美術ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。